起業を成功させるカギは何でしょうか

今の生活に満足していますか。もちろん安定こそが幸せの原点です。しかし会社や社会への不満が溜まっていませんか。そんな時は独立を目指してみましょう。ただしその前に基本的なことを理解しましょう。そこに成功のカギがあるからです。

事業を始める年代によって成功のカギは違う

いつ起業するのか。最近では高校生の社長も登場しています。もちろんそれができる世の中です。中途半端に就職活動をして3年程度で辞めてしまうのであれば、初めから会社を作ってみましょう。若い間は勢いがあります。それを通し続けられるかが成功のカギです。

一方で脂の乗った年代、40歳前後でも独立を考える時期があります。仕事に一区切りがつき自分のやりたいこと、会社への不満などが見えてくるからです。チャレンジ精神は大切ですが、守るものが増えてくると躊躇しがちです。つまり家族が支援してくれるかが成功のカギです。

今の60歳代は心身ともに元気です。そのため定年後に会社を設立するパターンも目立ちます。現役時代の延長で捉えることも多いようです。知識と経験は十分です。しかし過信はトラブルを生む原因です。上から目線ではなく謙虚になれるかが成功のカギです。

経営者に求められる資質を持っていますか

日本は、誰でも起業できる社会です。法律上は赤ちゃんでも社長になれます。とはいえ十分な資質を持っているでしょうか。例えば何事もポジティブに捉えることです。事業に失敗はつきものですが、トラブルこそ成長のチャンスです。そうした前向きな姿勢が求められます。

一方で慎重さ、謙虚さも不可欠です。自惚れず常に学び続けることが成功の秘訣です。相反する資質ではありますが、それを臨機応変にできることがリーダーとして必須の条件です。想定外を想定する、危機管理意識がこれからの時代は求められるからです。

なお社長は経営者ではありますが営業職でもあります。この点が理解できていないと上手くいきません。つまりお店を開いたからといって、お客さんが自動的に来るわけではないからです。自ら積極的に営業できるのか。これこそ最も求められる資質です。

新米社長が陥りやすい失敗を知っておこう

起業する際には勢いがあります。自分の得意分野で開業するからです。とはいえそこに失敗の原因があります。つまりそれは本当に得意分野でしょうか。逆に得意分野だからこその過信はないでしょうか。意外な落とし穴に注意しましょう。

また中年以降の独立で失敗する事例は、過去の肩書を引きづることです。サラリーマン時代に成功していた理由は何か、組織内での肩書です。もちろん今度は社長かもしれませんが、昔の会社における実績は通用しません。目の前のお客様に対して何ができるか、それがすべてです。

なお得意分野であれば、業界の商習慣を理解しているはずです。しかし社員の立場と経営者の目線は違います。業界にメスを入れる目的で独立したのではない限り、業界ならではの常識を確認し積極的に実践しましょう。仲間外れにされる失敗も少なくないようです。

会社を設立する前に理解しておくべきことは

起業に関する法律を知っていますか。役所に提出する書類なども複雑です。独立を考えたなら、綿密な計画を企てて時間的余裕を持ち行動しましょう。特にお店の場合には予定の開店日に間に合わないと、それだけで後々の営業に支障を来します。

一方で立地も大切な要因です。客足に大きく響くからです。店舗系ならなるべく目立つ場所を選びましょう。もちろん賃料は高いでしょうがリスクをとらないと成功はありません。事務系であっても地理的条件が信用につながる事例が少なくありません。

会社を設立する際には多くの学ぶべきことがあります。知識がありすぎて困ることはありません。情報収集に努めましょう。直接仕事に関係ないことでも話のタネになります。そこから事業が広がることもあります。世の中に無駄なことなどないのです。